お知らせ

2013年11月20日()

2013年12月11日にアカデミックシリーズ専用の新しいPALROちょっとコマンダーを公開!

PALROちょっとコマンダーは、簡単な操作でPALROのプログラムを作ることができるPALRO専用ツールです。
新しいPALROちょっとコマンダーversion3.5.1は、先行公開したアカデミックシリーズ用システムソフトウェア3.5.1専用です。



PALROちょっとコマンダーの操作はとても簡単です。

PALROの動きを順に選んで追加していくだけです。 目の前のPALROで動きをひとつづつ確認しながら作っていけるので、気に入った動きになるまで何度でも試しながら作ることができます。


プログラミングの経験は不要です。

PALROちょっとコマンダーは、まったくプログラミングの経験を必要としません。動きをわかりやすく説明されているので、誰でもPALROのプログラムを作ることができます。

PALROちょっとコマンダー

トップ画面

活用シーンはさまざまです。

例えば、実地検証において、その場の状況に応じたPALROの動きに変えることで、様々な条件での検証結果を得ることができます。
また、C++言語で本格的にプログラミングをする前におおよその動きを試してみることで、開発しようとしているアプリケーションのイメージを具体的に確認することができます。


PALROちょっとコマンダーは進化しています。

常に進化し続けているPALROに追従して、PALROの専用ツールも進化しています。 PALROちょっとコマンダーの特筆するべき3つの最新機能をご紹介します。

1.条件により動きを変化
人からの返事によって、動きを変えることができます。
例えば、「はい」と返事をすると歩きだし、「いいえ」と返事をするとしゃべりだす、といった【条件分岐】も簡単です。

2.プログラムの起動は「きっかけ」を選択するだけ
PALROちょっとコマンダーで作ったプログラムを起動する「きっかけ」は、「顔をみつけた」、「指定した時刻になった」などから選ぶだけです。
今後、この「きっかけ」はどんどん追加されていきますので、様々な条件でプログラムを起動することができます。

3.PALROとの常時接続は不要
従来のPALROちょっとコマンダーは、1ステップずつPALROに送信していたため、PALROちょっとコマンダーで作ったプログラムを動作させる時は、PALROとPCを接続しておく必要がありました。
新しいPALROちょっとコマンダーは、プログラムをPALROに保存しますので、プログラムを起動する「きっかけ」を設定してしまえば、PCとPALROを接続しておく必要はありません。

考える人たち

新しいPALROちょっとコマンダーをぜひ、お試しください。

新しいPALROちょっとコマンダーは、先行公開したアカデミックシリーズ用システムソフトウェア 3.5.1 専用です。 バージョンアップについては、PALROセンターへお問い合わせください。


システムソフトウェア3.5.1の詳細

新しいシステムソフトウェア3.5.1の詳細はPALROGardenをご覧ください。

< お知らせ一覧へ戻る

ネットとつながる、次世代のコミュニケーション。

パルロはコミュニケーションロボットとして生まれ、
その会話力・コミュニケーション力・癒し効果は様々なシーンでニーズがあり、活用されています。

  • 新しい家族 施設の人気者
  • 私たち、パルロを研究しています
  • お母さん、パルロ届きましたか?
  • 仕事を頑張る貴女のパルロ
  • 金融業界で活躍するパルロ

パルロのご購入・お問い合わせはこちら

045-285-0215

お問い合わせください

▲