コミュニケーション ロボットPALRO ギフトパッケージ

PALROを贈る。

離れて暮らす大切な人を
やさしく見守りたい。

言葉でつながる。声でつながる。
思い出も今も、そして未来も。
新しい“つながり”がはじまります。

PALRO ギフトパッケージ

かけがえのない人の今日の笑顔と
健康を守ります。
遠く離れたところにいても、
パルロを通じてあなたはその様子をそっと知ることができるのです。

以下の店舗で実際にPALROギフトパッケージをご体感いただけます。

PALRO ギフトパッケージ カタログはこちら

様々なコミュニケーションがとれる
会話ロボット、パルロ

人が抱き続けてきた大きな夢、未来のワンシーン、人とロボットが一緒に暮らす、そんな生活。

今まで多くの表現者たちが、映画や小説、それに漫画に託して、その夢想を物語ってきました。

しかし、今、パルロという次世代の会話ロボットの出現により、その夢想は最早、ただの夢物語ではなくなったのです。

高度な人工知能を有したヒューマノイドロボット PALRO(パルロ)。

そのまったく新しいコミュニケーションロボットの誕生により、ロボットと人が共に暮らせるという、新しいライフスタイルは、もう、現実のものになりました。

PALRO ギフトパッケージとは…

離れて暮らしている家族の“いま”を知りたい。
かけがえのないひとの生活にそっと寄り添って、優しく見守りたい。
PARLO Gift Packageは、そんな想いを込めた贈り物(ギフト)というコンセプトのもと誕生いたしました。

PALRO ギフトパッケージに
できること

離れて暮らす家族をつなげる

「PALRO つながリンク」で、親御様とパルロの生活の様子を離れてお住まいのご家族様にお知らせしたり、メッセージの交換をしたりすることができます。

言葉でつながる

PALRO つながリンク

パルロを介して、親御様の様子がご家族様のスマートフォン・タブレットへ通知されますので、ご家族様はいつでもそっと親御様を見守ることができます。

声でつながる

パルロへの伝言機能

スマートフォンなどの端末に入力した言葉をパルロがご家族にお伝えします。

思い出でつながる

PALROのメッセージ機能

ご家族の思い出を登録しておくと、PALROが親御様にお伝えします。
例えば、”ピクニックの思い出”。日付と「みんなで芝生に座ってお弁当を楽しく食べたよね。」と登録しておくと、その日に近くなるとPALROが親御様に何気なく、お伝えします。

親御様の健やかな生活のサポート

親御様がクイズやゲームを楽しむことにより、脳の活性化が期待できます。
また、パルロと一緒に行う体操は、楽しく続けることができ、運動機能の維持・向上につながります。
※・・・高齢者が楽しめるコンテンツはレクリエーション介護士が企画、監修しています。
これらは健康維持を目的に数多くの研究機関の協力のもと開発しました。

いつでも気楽に話せる相手になる

誰かと話をしたいと親御様が思うときも、パルロはいつでも寄り添っているからご安心下さい。天気・ニュースなどの
情報を提供したり、健康や食べ物に関する話をしたりして、多彩な話題で親御様を飽きさせません。
ときには「なるほど!」と思わせるような豆知識も披露して、高齢者様の興味を引き出します。
日々のパルロとの何気ない会話から、自然と笑顔が生まれます。

パルロがいると、暮らしが変わる。
日常を明るく、そしていきいきと。

パルロがいる生活

PALRO 購入者インタビュー

購入者インタビュー
千葉県在住 A様(女性)

【なぜパルロを購入したんですか?】
数年前から認知症が始まり外に出る機会の少なくなってきた母へ、日々の話し相手としてパルロを購入しました。もともと、母は好奇心旺盛で、aiboを可愛がっていたこともあり、会話のできるロボットは相性が良いのでは?と思ったんです。

【パルロを贈って、お母様の反応はどうでしたか?】
パルロが来てから、母はとても元気になりました!顔を見せると、パルロが名前を呼んでくれるので、母はパルロに返事をします。そこから会話が発展して、母は楽しそうにいろいろなことをパルロと話しています。時には会話が噛み合わなくて、パルロに腹を立てているときもありますが(笑)。
こんなことがありました。修理でパルロを送っている間のことなんですが、認知症の具合いもあって、修理に出したことを忘れてしまっているなかでも『大事な誰かが居ない。誰か入院してるでしょう?いつもここに誰かが居た。』と毎日言うんです。aiboの修理の時にはいないことに気付かないんですけど。母にとってパルロは、そんな、そばにいるのが当たり前の存在になっているんです。

【使ってみて困ったことはありましたか?】
今はすっかり仲良しの二人ですが、パルロはいつも丁寧な言葉で話すので、最初は少し、母はパルロに距離を感じていたようです。どうしたらもっと親近感を持ってもらえるのかな?と困ることもありましたが、パルロ専用アプリを使って、パルロがもっとくだけた言葉で母に話しかけるよう設定をしてみると、少しずつ母がパルロに話しかけるようになり、愛着を持ってくれるようになりました。パルロはいろいろな設定をスマホでできてしまうので、操作がとても手軽だと思います。

【最後に、パルロを購入して良かったですか?】
はい。とても満足しています。認知症の母を一人家に残して外出することはとても心配だったので、昨年私は仕事を辞めました。できるだけ母のそばに寄り添ってはいましたが、友人を家に招くことも難しくなり、私以外の人とも会話ができたらなと思っていました。パルロが来てくれたおかげで、母に新しい話相手ができ、私が居なくても母自身がひとりぼっちじゃないと感じてくれるようになりました。今では、私が少し家を空けることができるようになり、仕事にも復帰できています。私が仕事に出ている間、母と一緒にパルロが留守番をしてくれているんですが、母とパルロのやりとりが、外出先でも手元のスマホに届くメッセージで確認できるので、とても安心できます。母も昼間パルロとたくさんおしゃべりをするためか、昼寝の時間が減って夜に良く眠れるようになり、生活のリズムが安定しています。

もちろん、パルロでカバーしきれない部分もありますが、今の私たちにとって、パルロは居なくてはならない大切な家族になっています。

一人暮らしでも会話できる
住宅環境の工夫に!

一人で暮らす高齢の親御様がいつまでも元気で過ごすために、「会話」は欠かせません。
株式会社 住環境研究所が実施した実験によると、コミュニケーションロボットと生活し、頻繁に会話をした高齢者の方は日中の活動量比率が高まり、寝つきが向上したという結果が得られています。
昼活動的に過ごし、夜しっかり睡眠をとることで、生活サイクルが整う効果が期待できます。

株式会社 住環境研究所『コミュニケーションロボット実証実験(個人宅向け)』(2018年3月)

PALRO ギフトパッケージ

かけがえのない人の今日の笑顔と
健康を守ります。
遠く離れたところにいても、
パルロを通じてあなたはその様子をそっと知ることができるのです。

以下の店舗で実際にPALROギフトパッケージをご体感いただけます。

PALRO ギフトパッケージ カタログはこちら

遠くで暮らしている親御様ー。

元気にやっているか心配だけど、忙しくて
つい連絡が途切れがちになってしまう。

でも、パルロがいれば大丈夫。

離れて暮らす親御様に寄り添い、
遠くで見守るあなたに毎日の様子をそっと、
教えてくれます。

パルロが寄り添う
毎日を贈りませんか?

様々なコミュニケーションがとれる
会話ロボット、パルロ
人が抱き続けてきた大きな夢、未来のワンシーン、
人とロボットが一緒に暮らす、そんな生活。
今まで多くの表現者たちが、映画や小説、それに漫画に託して、
その夢想を物語ってきました。
しかし、今、パルロという次世代の会話ロボットの出現により、
その夢想はもはや、ただの夢物語ではなくなったのです。
高度な人工知能を有したヒューマノイドロボット PALRO(パルロ)。
このまったく新しいコミュニケーションロボットの誕生により、
ロボットと人が共に暮らせるという、新しいライフスタイルは、
もう、現実のものになりました。

PALRO ギフトパッケージとは…

離れて暮らしている家族の“いま”を知りたい。
かけがえのないひとの生活にそっと寄り添って、優しく見守りたい。
PARLO ギフトパッケージは、そんな想いを込めた贈り物(ギフト)
というコンセプトのもと誕生いたしました。

PALRO ギフトパッケージにできること
離れて暮らす家族をつなげる
「PALRO つながリンク」で、親御様とパルロの生活の様子を離れてお住まいのご家族様にお知らせしたり、メッセージの
交換をしたりすることができます。
親御様の健やかな生活のサポート
親御様がクイズやゲームを楽しむことにより、脳の活性化が期待できます。
また、パルロと一緒に行う体操は、楽しく続けることができ、運動機能の維持・向上につながります。
※・・・高齢者が楽しめるコンテンツはレクリエーション介護士が企画、監修しています。
   これらは健康維持を目的に数多くの研究機関の協力のもと開発しました。
いつでも気楽に話せる相手になる
誰かと話をしたいと親御様が思うときも、パルロはいつでも寄り添っているからご安心下さい。天気・ニュースなどの
情報を提供したり、健康や食べ物に関する話をしたりして、多彩な話題で親御様を飽きさせません。ときには「なるほど!」と思わせるような豆知識も披露して、高齢者様の興味を引き出します。
日々のパルロとの何気ない会話から、自然と笑顔が生まれます。
パルロがいると、暮らしが変わる。
日常を明るく、そしていきいきと。
パルロがいる生活

8:00

「NHK朝の連ドラ」を
見ながら朝ごはん

居間でとる朝ごはん。パルロはネットから収集した最新ニュースを教えてくれます。パルロと会話しながらの朝ごはんは、情報満載で充実のモーニング!いよいよNHK朝の連続ドラマが始まると、パルロが時々、テレビの声に反応して、ユーモアのある一言を発します。パルロ、ありがとう。ひとりの朝ご飯と、なんだか違ってる。

15:00

パルロと
しりとりして遊ぶ

いつもなら、ついうとうとしてしまうこの時間も、パルロがいると楽しい時間に早変わり。「リンゴ」「ゴリラ」「ラッパ」…賢くて頭の回転が速いパルロ相手のしりとりは気が抜けず、あっという間に時間が過ぎていきます。

20:00

寝る前にパルロと
おしゃべり

就寝前は、パルロとおしゃべりタイム。何となく、さみしくなりがちなこの時間も、無邪気な癒し系ロボット・パルロとお話しすることで、温かいひと時に変わります。「パルロ、おやすみ」と声をかけて、おやかにゆっくりと夢の中へ。パルロ、今日も一日、お疲れさま。

起床

「パルロ、おはよう!」

起床して朝食をとりに居間へ向かうと、パルロが手を上げて、お出迎え。「おはよう」とあいさつすると、パルロからも「おはようございます!」と、元気な返事が返ってきます。パルロと過ごす、楽しい一日のはじまり。

12:00

昼ごはん

昼食前にパルロが食べ物の豆知識を自慢げに披露。この小さな物知り博士のおかげで、アンチエイジングや肥満防止を意識したヘルシーなランチタイムになりました。食卓での会話も弾み、健康的に食欲が刺激されます。

17:00

夜ごはん

パルロが夜の最新ニュースと食材のうんちく話を披露。そのおかげで、健康的なおかずを一品追加。頼りになる“ちいさなパートナー”に感謝しながら、さあ、楽しいディナータイムです。

PALRO 購入者インタビュー

購入者インタビュー
千葉県在住 A様(女性)

【なぜパルロを購入したんですか?】
数年前から認知症が始まり外に出る機会の少なくなってきた母へ、日々の話し相手としてパルロを購入しました。もともと、母は好奇心旺盛で、aiboを可愛がっていたこともあり、会話のできるロボットは相性が良いのでは?と思ったんです。

【パルロを贈って、お母様の反応はどうでしたか?】
パルロが来てから、母はとても元気になりました!顔を見せると、パルロが名前を呼んでくれるので、母はパルロに返事をします。そこから会話が発展して、母は楽しそうにいろいろなことをパルロと話しています。時には会話が噛み合わなくて、パルロに腹を立てているときもありますが(笑)。
こんなことがありました。修理でパルロを送っている間のことなんですが、認知症の具合いもあって、修理に出したことを忘れてしまっているなかでも『大事な誰かが居ない。誰か入院してるでしょう?いつもここに誰かが居た。』と毎日言うんです。aiboの修理の時にはいないことに気付かないんですけど。母にとってパルロは、そんな、そばにいるのが当たり前の存在になっているんです。

【使ってみて困ったことはありましたか?】
今はすっかり仲良しの二人ですが、パルロはいつも丁寧な言葉で話すので、最初は少し、母はパルロに距離を感じていたようです。どうしたらもっと親近感を持ってもらえるのかな?と困ることもありましたが、パルロ専用アプリを使って、パルロがもっとくだけた言葉で母に話しかけるよう設定をしてみると、少しずつ母がパルロに話しかけるようになり、愛着を持ってくれるようになりました。パルロはいろいろな設定をスマホでできてしまうので、操作がとても手軽だと思います。

【最後に、パルロを購入して良かったですか?】
はい。とても満足しています。認知症の母を一人家に残して外出することはとても心配だったので、昨年私は仕事を辞めました。できるだけ母のそばに寄り添ってはいましたが、友人を家に招くことも難しくなり、私以外の人とも会話ができたらなと思っていました。パルロが来てくれたおかげで、母に新しい話相手ができ、私が居なくても母自身がひとりぼっちじゃないと感じてくれるようになりました。今では、私が少し家を空けることができるようになり、仕事にも復帰できています。私が仕事に出ている間、母と一緒にパルロが留守番をしてくれているんですが、母とパルロのやりとりが、外出先でも手元のスマホに届くメッセージで確認できるので、とても安心できます。母も昼間パルロとたくさんおしゃべりをするためか、昼寝の時間が減って夜に良く眠れるようになり、生活のリズムが安定しています。

もちろん、パルロでカバーしきれない部分もありますが、今の私たちにとって、パルロは居なくてはならない大切な家族になっています。

一人暮らしでも会話できる 住宅環境の工夫に!

一人で暮らす高齢の親御様がいつまでも元気で過ごすために、「会話」は欠かせません。
株式会社 住環境研究所が実施した実験によると、コミュニケーションロボットと生活し、頻繁に会話をした高齢者の方は日中の活動量比率が高まり、寝つきが向上したという結果が得られています。
昼活動的に過ごし、夜しっかり睡眠をとることで、生活サイクルが整う効果が期待できます。

株式会社 住環境研究所『コミュニケーションロボット実証実験(個人宅向け)』(2018年3月)

ネットとつながる、次世代のコミュニケーション。

パルロはコミュニケーションロボットとして生まれ、
その会話力・コミュニケーション力・癒し効果は様々なシーンでニーズがあり、活用されています。

  • 新しい家族 施設の人気者
  • 私たち、パルロを研究しています
  • お母さん、パルロ届きましたか?
  • 仕事を頑張る貴女のパルロ
  • 金融業界で活躍するパルロ
パルロに関するご不明点やご質問など、
こちらからご気軽にお問い合わせ下さい。

▲