お知らせ

2014年09月03日(Wed)

神奈川県のさがみロボット産業特区協議会が、PALROを含む生活支援ロボット5種について、介護保険の適用を厚生労働省へ申請したことが各種メディアで紹介されました。

8月29日(金)の日本経済新聞 夕刊にて、神奈川県と県内12市町、企業、大学などでつくるさがみロボット産業特区協議会が、「普及のカギとなっている利用者の経済的な負担を軽くすることを狙い、パルロを含む生活支援ロボット5種の介護保険適用を申請した」と報じられました。
同様の内容が、8月30日(土)の日本経済新聞 地方経済面や、同日の神奈川新聞などにも掲載されました。

掲載記事の電子版は こちら

日本経済新聞 電子版 2014年8月29日
「食事介助ロボなど介護保険適用を申請 神奈川の特区協議会」

日本経済新聞 電子版 2014年8月30日
「さがみ特区協議会、生活支援ロボ普及に弾み 介護保険適用申請」

カナロコ(神奈川新聞) 2014年8月30日
「さがみロボット特区指定1年半 実用化へ高まる機運」

< お知らせ一覧へ戻る

ネットとつながる、次世代のコミュニケーション。

パルロはコミュニケーションロボットとして生まれ、
その会話力・コミュニケーション力・癒し効果は様々なシーンでニーズがあり、活用されています。

  • 新しい家族 施設の人気者
  • 私たち、パルロを研究しています
  • お母さん、パルロ届きましたか?
  • 仕事を頑張る貴女のパルロ
  • 金融業界で活躍するパルロ

▲