どこよりも詳しい!!高齢者向けレクリエーション紹介!

マーブルもようのポチ袋

ものづくり・作業

「マーブルもようのポチ袋」を作る、高齢者レクリエーションを紹介するよ。

とってもきれいな模様だよ。
スタッフさんは、マーブリング用の絵の具、水を入れるためのバット、フロート紙、新聞紙、エプロンを用意してあげてね。

フロート紙は絵の具を水面に浮かべる役割があるから、ぜひ使ってね。
エプロンは、ご参加者さんの服が汚れないようにするために必要だよ。

必要な道具がそろったら、バットに水を入れて、その中にフロート紙を沈めてね。

ここからは、好きな模様を作っていくよ。
スタッフさんは、手が上手く使えない人も楽しめるように、必要に応じて手伝ってあげてね。

まず、好きな色の絵の具を少しずつ水面に落としてね。
そして、水面を割り箸でかき混ぜたり、水面に息を吹きかけたりすると、模様ができるよ。

模様ができたら、ポチ袋を静かに水面に浮かべて、すぐに持ち上げてね。
そうしたら、ポチ袋にマーブル模様が出来るよ。
新聞紙でポチ袋を軽く抑えて水気を吸い取ったら、完成だよ。

自分で好きな模様を考えるのって、ワクワクするよね。
それに、マーブリングって、自分で予想していなかった模様を発見できたりするから、脳が活性化したり、ね。

袋の裏表で模様を変えたいときは、水面に浮かんだ絵の具を一度新聞紙で吸い取ってから、新しく絵の具を落としてね。

でき上がったポチ袋は、お年玉を入れてお孫さんにプレゼントしたりして、楽しく使ってね。

その他の「ものづくり・作業」レクリエーション


bnr-rec

開く

閉じる

各地方自治体から介護ロボット導入支援事業における補助金適用の案内がされています。
詳細はこちら ≫平成29年度介護ロボット導入支援事業における補助金のご案内。

AMED公募「ロボット介護機器開発に関する調査」に係るコミュニケーションロボットの募集にPALROが採用されました。
詳細はこちら ≫「国立研究開発法人 日本医療研究開発機構」

パルロのご購入・お問い合わせ窓口 TEL:045-285-0215 お問い合わせ下さい

▲